@BAHTi

アクセスカウンタ

zoom RSS 尊敬の時間。

<<   作成日時 : 2015/02/23 16:08  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初めて平野美宇ちゃんをテレビで見たとき
彼女はまだ小さな女の子で
福原愛ちゃんが辿った同様の注目を浴び始めていて
とんでもなくかわいらしくて
そして何よりも
「ニシコリくんに似てるなぁ」という第一印象だった。

だから、“美宇ちゃん”というよりも
“ニシコリくんに似た卓球の女の子”として記憶に残った。


数年前、たまたま眺めていたマラソン大会の
優勝インタビューを受けている女の子の姿を見たとき
「ニシコリくんに似てる。」と思った。
彼女はその優勝を機に、オリンピックに出場した重友梨佐さんだ。
その後、多々テレビで彼女を見てきたけれど
やっぱりいつでも、ニシコリくんに似てると思ってしまう。


錦織圭という名前を知ったのはいつだったろうか。
彼がまだ少年で、アメリカに渡ってテニスアカデミーで頑張っているというような
そんな小さなニュースの片隅だったかもしれない。
どこをどうみても、かわいい。そして、たよりない。
そんな少年だった。
世界ランキングに名前が載るようになって
気付けば、松岡修造さんの記憶に残るランキングに近づいていて
でも、絶対ケガをする。
選手生命にかかわるような、大きなケガを。
そう思っていたし、テニスとは、そういうスポーツだとも思っていた。

実際、錦織くんはケガをした。
あのかわいい少年が、あどけなさが残る青年になって
痛みに苦しむ姿を目にするたび
日本人としての限界、そんなことを思った。

錦織くんのコーチである、マイケル・チャンが4大大会で初優勝したとき
私は対戦相手のエドバーグのファンだったから
すごく悲しかったけれど
でも、初めて見たアジア系のテニス選手の優勝に
驚きはあったけれど
‘マイケル’だしね。と思っていた。
その、変な思い込みがどこから来たのかはわからないけれど
少なくとも、日本人が、なおかつ男子が
4大大会を騒がせるようなことになるということを
想像するも何も、思いつきもしなかった。


それが、どうだ。
いやはや、どうなった。
とんでもないことになりすぎて
もうわけがわからない。というのが本音だ。

そして何より、驚きが止まないのは
テニスの試合を、まっぴるまにNHKが生中継することや
試合経過が、テレビにライブで字幕表示されたこと
それを、錦織くん一人が成し遂げてしまった。

そして、それまでの流れの中に
伊達公子さんの存在があること
松岡修造さんの、テニス愛。その奥行きと幅の広さ。
もうひとつおまけに、ユニクロの企業戦略。
そういう大事なことが、積み重なっている。

テニス好きとしては、うれしい限りなのだけれど
でも、やっぱり、末恐ろしい。
世界ランキングを
上げることと、維持すること、そのどちらが難しいのだろうか。

それはテニスに限ったことではなく
すべてのスポーツに、勝ち続けることの過酷さがある。
それこそ、想像を軽々と超える苦労があって
その競技ならではの体力的なものもあるだろうし
道具を作る職人さんたちや、カラダを整えるトレーナーさんたちには
選手だけではどうにもできないことを、ともにする苦労があるだろうし
けれど、結局は、それぞれの自己実現に完結されるのかもしれない。
やっぱり、末恐ろしい世界だ。


美宇ちゃんは、確実に大人になって
国を代表になるような卓球選手になった。
重友さんは、きっと、今日も走っている。
錦織くんには、どうかケガをしませんようにと祈るばかりだ。
みんな、顔が似ている。
私は、これからもそう思っている。

フローラル系の柔軟剤のような雰囲気を放つのに
試合中は、強力漂白剤のような視線を放つ。
3人はそこがとても似ている。
そして、みんなかっこいい。


昨年末、“エアケイ”をかっこよく決めようとして、失敗して
足指のマメをつぶした傷跡が、いまだにちょっと痛い。
週1回のテニス歴4年って、こんなものである。
いたって情けない。
9,980円のウイルソンのラケットを
(メーカーだけは、錦織くんとお揃いにしたかった)
振り回して汗を流す時間が
テニスだけではなく、たくさんのスポーツ競技の、たくさんの競技者を
尊敬する時間にもなっているかもしれない。


走ることはできるけれど
走り続けることは
本当に難しいことだなと思う。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尊敬の時間。 @BAHTi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる