@BAHTi

アクセスカウンタ

zoom RSS 39歳。

<<   作成日時 : 2014/11/09 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

近頃
なんだかちょっと、打ちのめされている。

今朝の新聞で、徳大寺有恒さんの訃報記事を見た。
昨日の新聞で、大内順子さんの訃報を知ったばかりだというのに。


久々の更新記事がまたもや暗くて申し訳ない。


この前、赤瀬川原平さんが亡くなって
久々に『新解さんの謎』を読みかえして
いまだかつてないくらい、おなかを抱えて笑った。
昨年、世間が‘あまロス’と賑わっていたころ
私も完全な‘あまロス’だった。
天野祐吉さんが大好きだったから。


大きな事件や事故、政治や経済の混乱を伝えるニュースを見るたび
「助けて、筑紫さん。」と、今でも思う。
筑紫哲也さんは、他からの反論や批判もあった人だけれど
私の絶対的指針のような存在だった。
彼の追悼番組の中でだったと思うけれど
その中で、立花隆さんが
「(彼は)筋金入りのリベラリスト」だと表現したとき
私が指針としていたことは
決して間違ってはいなかったのだと思えた。

正直なところ
めまぐるしい、いや、目が回っちゃうような
何やら難しいニュースを、筑紫さんが伝えたり、コメントしているのを
ただ眺めていただけのことだ。
おおよその場合
うんうん。そうですね。そういう視点もありますね風でも
ロマンスグレーがステキ。とか、思っていた。

でも、指針を失ってみると、全く方向がわからなくなった。
阪神淡路の震災にまつわることを、あれだけ筑紫さんは伝えてくれたのに
東日本大震災が起こってみれば、ただ茫然とするばかりで
筑紫さん、どう捉えたらいいんでしょう。と
テレビの前で涙なんか流したり、今も、たまにする。

ただ、税金を納める者として
知っておくべきことを、知ろうとする姿勢を持ち続けること。
きちんと目を向けていくこと。
“このくにのゆくえ”を、とらまえること。
この方向性だけは、指針なくともブレずにある。


そうなのだ
基本あるいは根本、根幹、中枢、師
私にとって、そういった立場にあった人たちが
ここ数年で、次々と死んでいくのだ。
かっこよくて、面白くて、オシャレで、粋で
そういうオトナたちが。

昨日今日で、それを思い知らされた。
徳大寺さんは、くるま
大内さんは、ファッション
それぞれのメーカーやブランドの名前や歴史よりも先に
その個人名が、私にはその文化としてあった。


そういや、わたし、来年40だ。
ふと、そう思う。
ま、あたりまえっちゃ、あたりまえのことなんだな、と思う。
こんなに打ちのめされているのは
私がオトナになっていないんだな。と思う。
そのうえ、無職なのだ。
いや、専業主婦って言っちゃおうかな。

やっと、踏ん切りと見切りがついて、依願退職しました。
有休がフルで残っていたので、在籍消化中です。

さて、またふんばって、働き口を見つけねば。
派遣・契約・パート、雇用形態すらから出直し作業で。

大志を抱けるような年齢ではないけれど
好奇心は旺盛だと思う。
オトナだからこそ、それを失ってはいけないと
憧れのオトナたちは、死ぬまで説いてくれていた気がする。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
に一度くらいでのぞいてみまして、
更新されていますと、うれしく思ったりしています。
シバリエつながりで辿りつきましたyukoです。

ご退職とのこと、おつかれさまでした。
そして、来年40歳、ということはしばちゃんも生きていたら
そうだったのですね。
この間、戸川昌子さんが婦人公論にのってました。
オーナーだった「青い部屋」でシバちゃんのライブをみに行ったこと、
思いだしました。

それはそうと、「涙する」ではなく「涙を流す」と書いて
いたことに、深く共感、非常に嬉しくなりました。
では、また。お元気で。
yuko
2014/11/14 19:52
yukoさん

読んでくださって、コメントしていただいて
本当にありがとうございます。
いつものように、返事が遅いこと
重ね重ね、毎度毎度で申し訳ありません。

子どものころ、シバのおかあさんは憧れの女性だったように思います。
仕事を持ち、いつもきれいで、
なにより、「かっこいい」と、思っていました。
全くお会いする機会はありませんが
yukoさんのコメントを読んで
今現在のシバを思い浮かべると
やっぱり、おかあさんのように
きれいで、かっこいい女性として年齢を重ねていたのではないかと
ふと、思いました。
いつだって、
おちゃめなすこぶる美人。という印象です。
そして、きっとブレない。
そんな生き方をしたのではないかと思い浮かべます。

私、最近、ウミガメの産卵のように
「涙を流し」ているように思います。
なんでしょう。更年期でしょうか。
共感して頂けただけで
嬉しい。と、いうよりも、幸せです。

冬がそこにきています。
yukoさんも、体調くずされませんように。





管理人
2014/11/17 10:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
39歳。 @BAHTi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる