@BAHTi

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏のおわりに

<<   作成日時 : 2014/08/31 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ロビン・ウィリアムズの命日が、誕生日になった。

順番が違うといえば違うけれど
再来年から、「山の日」となるその日は
祝日であり、
原爆投下から、敗戦になるまでの間であり
私の誕生日であり
でも、やっぱり、その日は
ロビン・ウィリアムズの死んだ日
私のカレンダーには、そう刻まれてしまったように思う。


夏がおわるなぁ
と、今朝からずっとぼんやり思っている。


今夏は
職場で、毎年げんなりさせられるポケモン以上に
『妖怪ウオッチ』に殺到する底知れぬ怖さを見せつけられ

カマキリのこどもに、親切を心掛けて接したつもりが
指を咬まれて
家の中に迷い込んだチビなコウモリに
これまた多大なる親切心で話しかけたのに
完全無視をきめこまれ
年甲斐もなく逆ギレして

この夏こそ克服したいと思っていた
テニスのバックハンドボレーの苦手意識が
いまだにどうにも抜けず、相変わらずへたっぴで
仲間にちょっとバカにされ

わがヤクルトスワローズは最下位を独走し続け

大きな災害も、小さな災害も
ニュースでたくさん見聞きして

軟式の高校野球の延長46回決着つかずなんて
それはピッチャーへの虐待ではないだろうか
とか


今、けたたましいほどにセミが叫んでいる。

セミは一週間しか地上で生きることができない
はかない命だと、人間は憐れんだりするけれど
それは、羽根をつけて地上で生きることの方が幸せだと
勝手に人間が思い込んでるだけで
案外、セミにとっては、地上での生活を望んではいなくて
土の中で生きる何百日が、穏やかで、幸せで
できれば土の中で、一生を終えたいと思っていたのなら
このラスト一週間は、拷問だな。
そう考えてみても
この鳴き声はやっぱりせつない気がする。
とか

今日、8月31日に思っている。


昨日、ロビン・ウィリアムズが恋しくて
ダントツ真っ先に思いつく
『いまを生きる』を観た。
抱きしめたくなるせつなさは、何度観ても変わらない。

戸田奈津子さんは、彼の死に
“痛々しいほどのサービス精神にあふれた人”と、コメントをしていた。
アルコール中毒で、うつ病で、パーキンソン病にもなっていた
コメディアン。でも、教師で、医者で、教授で、大統領で、ジーニーで
でも、永遠に
“Oh Captain, My captain”


さよなら、夏。
がんばれ、セミたち。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。前に一度コメントしたものです。
ロビンウィリアムス、亡くなってしまいましたね。
その後、確か新作で借りたDVDに彼が出ていて、
あ、もしかしてこれが最後の映画かしら。と思った記憶が
あります。(タイトル忘れました)
もう、すっかり秋ですね。また新しい記事を
楽しみにしております。
yuko
2014/10/07 21:36
yukoさん

読み続けて頂いて、本当にありがとうございます。
コメント頂けて、うれしさ倍増です。

コメントくださって、でも、私が気づくのが遅くて
本当に申し訳がないです。
ごめんなさい。

いつの間にか、もう金木犀の香りも消えかかって
あっという間に「秋深し」の気配ですね。
今、秋の虫たちがフルコーラス・フルオーケストラよろしく
演奏中です。
月日の流れに、ブログ記事がついていかず
本当に情けないです。。。








管理人
2014/10/09 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏のおわりに @BAHTi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる